ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

  • ホーム > 誰もが支え、支えられる地域づくりをサポートする「赤い羽根福祉基金」

誰もが支え、支えられる地域づくりをサポートする「赤い羽根福祉基金」

社会福祉法人 中央共同募金会

第2回(平成29年度)助成事業が決定しました

 第2回(平成29年度)「赤い羽根福祉基金」助成について、応募状況、助成決定団体、審査委員会からの審査講評をご紹介します。(平成29年3月30日公表)

◆助成決定までの経緯

<207件の応募から10件の新規助成を決定>

 「赤い羽根福祉基金」第2回(平成29年度)助成は、平成29年1月18日(水)から2月13日(月)まで募集を行いました。
 平成29年3月9日(木)に審査委員会を開催し、応募のあった207件について審査を行い、10件の助成を採択しました。助成にあたり基金運営事務局では、審査委員会において指摘された事項について応募団体へのヒアリングと応募額の査定を行い、その結果、応募額助成決定額の合計は5,260万円となりました。


<平成28年度からの継続助成18件も決定>

 なお、平成28年度から継続しての助成希望があった18件についても審査委員会で審査を実施しました。
 とくに基金運営事務局では、審査委員会で指摘された事項について、継続を希望する応募団体に、平成28年度助成事業の実施状況や、事業実施の成果・課題、それらをふまえた平成29年度の事業計画等について詳細なヒアリングを行い、継続助成を決定しました。なお助成決定にあたっては新規助成と同様に査定を行い、その結果、継続助成決定額の合計は1億2,024万円となりました。

◆審査・応募状況・助成決定事業について

 詳細は下記資料をご覧ください。


※「赤い羽根福祉基金」の助成応募時期について
 「赤い羽根福祉基金」助成は、今後、毎年同じ時期に応募受付を行い(1月~2月)、審査・助成決定を経て、4月に助成を行います。

 

第1回(平成28年度)助成事業が決定しました

 第1回(平成28年度)「赤い羽根福祉基金」助成について、審査委員会からの審査講評、応募状況、助成決定団体をご紹介します。(平成28年10月7日公表)

◆助成決定までの経緯

 「赤い羽根福祉基金」第1回(平成28年度)助成は、平成28年8月8日(月)から平成28年9月5日(月)まで募集を行いました。
 平成28年9月20日(火)に審査委員会を開催し、応募のあった231件(応募総額:9億6,174万円)について審査を行い、19件について助成を採択しました。また、9月23日(金)に運営委員会を開催し、採択案件について報告しました。
 あわせて、基金運営事務局では、審査委員会において指摘された事項について、応募団体へのヒアリングと応募額の査定を行い、その結果、応募額助成決定額の合計は8,130万円となりました。

◆審査・応募状況・助成決定事業について

 詳細は下記資料をご覧ください。

「赤い羽根福祉基金」の概要

◆社会課題の解決をめざす取り組みを応援します

 現在、さまざまな生活課題を抱え、支援を必要としている人々が増加しています。社会的孤立や生活困窮の状態にある人々への支援、認知症高齢者や障がい児・者への生活支援、児童虐待防止などは喫緊の課題であり、公的制度やサービスの充実とともに、住民による支え合いをはじめボランティア・NPO団体等による多様な事業や、地域のさまざまな団体間によるプラットフォームを形成し、連携した活動が期待されています。
 地域によっては、民間社会福祉事業者や団体等により先駆的な取り組みが進められていますが、活動の継続や広がりを図るためには資金面での支援が必要です。
 一方、近年、社会的要請に応えようとする企業、団体や個人の社会貢献意識が高まっています。
 そこで中央共同募金会では、共同募金運動70年を迎えるにあたり、これらの寄付意識を受けとめて束ね、広域的に、また継続的に支援をつないでいくため、中央共同募金会「赤い羽根福祉基金」を創設いたしました。
 中央共同募金会「赤い羽根福祉基金」は、公的制度やサービスでは対応できない分野において社会課題の解決のための新たな活動や仕組みを構築し、誰もが支え・支えられる地域づくりをめざします。

◆「運営委員会」「審査委員会」を設け、適正な運営・審査を行います

 「赤い羽根福祉基金」は、基金の運営を適正に行うため、学識者、関係者など外部委員の参画による運営委員会を設置するとともに、助成事業の採択・金額等を審査するため「審査委員会」を設置します。

◆企業・団体や個人の皆さまの寄付により運営します

 「赤い羽根福祉基金」は、制度の対象外でありながら求められるニーズへの対応、新たな社会資源の創出、ニーズに即した分野を超えた対応、全国的・広域的な広がりが期待される事業、複数の団体・関係機関との連携・協働事業や活動などへの助成を通じて、社会課題の実態を明らかにするとともに、これらの事業や活動に賛同・共感いただく企業・団体や個人の皆さまからの寄付により、運営を行います。
 「赤い羽根福祉基金」に、多くの皆さまのご支援・ご協力をいただきますようお願い申しあげます。

※「赤い羽根福祉基金」へのご寄付は、社会福祉法人(特定公益増進法人)として受け入れる寄付金として、寄付金の特別損金算入が認められます。

(赤い羽根福祉基金 ご寄付先口座)
 みずほ銀行 虎ノ門支店
 普通預金  4059202
 口座名   社会福祉法人 中央共同募金会

「赤い羽根福祉基金」に関するお問い合わせはこちらまで

 社会福祉法人 中央共同募金会
  赤い羽根福祉基金運営事務局(担当:熊谷、小田)
   〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5階
    電話 03-3581-3846 FAX 03-3581-5755

ここからフッターナビゲーションです