タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム

お知らせ

2015年度活動完了報告会・2016年度キックオフミーティングを開催。

2015年度活動完了報告会・2016年度キックオフミーティングを開催

2016年4月15日の13時半から、2015年度の「団体助成」を受けて活動した団体が集まり、東京・大手町のカンファレンスセンターにて、2015年度活動完了報告会を開催しました。
昨年4月から今年3月までの12か月間、本プログラムの助成を受けて活動した17団体が、3つの活動テーマ(避難者間のネットワーク、相談窓口、戸別訪問)ごとに1年間の成果を発表しました。

2015年度活動完了報告会・2016年度キックオフミーティングを開催

完了報告会の後には、ネットワーキングセッションとして、茶話会が行われました。
2015年度の助成団体に、2016年度から新規で助成を受ける4団体が加わり、さらにオブザーバーとして参加した助成審査委員も交えての活発な情報交換の場となりました。
続けて、16時半からは、2016年度のキックオフミーティングが開催され、各団体による団体紹介や、この助成プログラムへの期待や進め方、展望などについてフロアディスカッションが行われました。

この完了報告会とキックオフを通じて、団体からは、広域避難者に対する支援の継続の必要性が語られていました。
タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラムは、武田薬品工業株式会社の追加支援により、2018年度まで支援期間を延長することになりました。
今後も、広域避難者支援に特化した「タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム」によって、各地で広域避難者の支援活動を行う団体を支援していきます。

お知らせ一覧に戻る