タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラム

お知らせ

2016年度活動完了報告会・2017年度キックオフミーティングを開催。

2016年度活動完了報告会・2017年度キックオフミーティングを開催

2017年4月14日の13時半から、2016年度の「団体助成」を受けて活動した団体が集まり、東京・大手町のサンスカイルームにて、2016年度活動完了報告会を開催しました。
本助成事業始まって以来最多となる20団体から参加があり、助成を受けて活動した活動テーマ(ネットワークづくり、冊子等の発行・情報発信、訪問支援・孤立防止)ごとに、1年間の活動の様子と成果を発表しました。
また今年も、完了報告会の後に、ネットワーキングセッションとして、茶話会が行われました。
完了報告会の内容が濃いものとなったため、予定より遅れてのスタートとなりましたが、短時間ながら活発な情報交換が行われました。

2016年度活動完了報告会・2017年度キックオフミーティングを開催

続けて、16時半からは、2017年度のキックオフミーティングが開催されました。
今回は、助成審査委員会から、特に助成決定の際の論点について決定団体に伝えたいということで、松田委員と手塚委員にご出席いただき、ご説明いただきました。そのほか各団体による団体紹介や、活動の振り返りに役立つアンケートの作り方についてミニレクチャーがあり、参加団体は、なごやかな雰囲気ながら、真剣にワークに取り組んでいました。

2016年度活動完了報告会・2017年度キックオフミーティングを開催

広域避難者を取り巻く状況が大きく変化している中で、支援団体は、多様な避難者のニーズや課題に対応していかなければなりません。 タケダ・赤い羽根 広域避難者支援プログラムでは、2018年度まで、支援団体を支えることで避難されている方々を支えていきます。

お知らせ一覧に戻る