ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

プロモーション
現在表示しているページの位置

中央共同募金会 赤い羽根福祉基金 第1回助成授与式を開催しました

中央共同募金会では、赤い羽根共同募金運動創設70年を記念して設置した「赤い羽根福祉基金」の第1回助成授与式を10月27日(木)に開催しました。
今回は、応募のあった231件のなかから、19件、8,130万円の助成が決定されました。
冒頭、中央共同募金会 斎藤十朗会長は「まだ生まれたての基金であるが、多くの方々に役立ててもらえるものに育てていきたい」とあいさつを述べました。
それに応え、助成決定証書の授与を受けた19団体を代表して、一般社団法人全国老人給食協力会専務理事の平野覚治氏からは、自団体の決定事業「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアー開催支援およびネットワーク推進事業」の紹介があり「全国に300か所あまりが個々に活動を開始している「こども食堂」の取り組みを、この助成を受けることによって輪のようにつなげ、全国各地に広げていきたい」と決意の表明がなされました。
続いて開催された助成決定団体、運営委員・審査委員の懇談会では、ANAホールディングス グローバルCSRヘッドの金田晃一氏より、「赤い羽根福祉基金には企業も期待を寄せています。助成決定団体の皆さんの今後のパフォーマンスを通じて、赤い羽根福祉基金の魅力を高めていただければ」と助成決定団体に対してエールが送られました。

今後中央共同募金会では、「誰もが支え・支えられる地域づくり」の実現のため、パートナーである19の助成決定団体と手をたずさえて邁進してまいります。

「赤い羽根福祉基金」

ここからサブナビゲーションです

  • バナー:毎月の定額寄付を受け付けています。
  • バナー:ふるサポ
  • バナー:遺贈・遺産の寄付をお考えの皆様へ
  • バナー:赤い羽根データベース「はねっと」
  • バナー:チャリティーオークション
  • バナー:震災遺児支援事業
  • バナー:共同募金コミュニティーサイト

ここからフッターナビゲーションです